フランチャイズオーナー募集

ターニングポイント

はじめてのおつかい大作戦!参加者募集

移動販売車両リースご相談ください


移動販売サポートcar サプリカ


待たずに買えるシステム「あげぱんGO」


シミュレーション比較



☆安心と信頼のイベント依頼サイト☆


私達の社会貢献 2019-02-02


私達の社会貢献

先日の面談で、驚きの報告があった。毎週金曜日出店中の岐阜県・ヤマナカ忠節フランテ館様での出来事であった。
その内容は、小学3年生くらいのお客さん3名で来店。
「おじちゃん。いつも買ってるんだから、たまにはおごってよ!」など・・・、
30分くらいであっただろうか、そんな内容のやり取りが、オーナーさんと子ども達の間で、あったそうだ。
私だったら、5分も経たないうちに痺れを切らして、追っ払ってしまいたい気持ちになっていたかもしれない。
他のオーナーさんに伺っても、私と似たような回答であった。
だが、このやり取りに、痺れを切らしたのは、オーナーさんではなく、ご近所の奥さんだった。
その奥さんは、なんと!見ず知らずの子ども達に”あげぱん”を買ってあげたのだ。
そして、子ども達は、何も無かったように帰って行った。
そこで、このオーナーさん。とっさに、とった行動はと言うと、
その奥さんに、「助かりました」と一言。お金を450円全額返したと言うのだ。
当然、その奥さんは、返金を拒否したであろうことは容易に想像がつく。
何故なら、困り果てたオーナーさんを見かねて、善意から行ったことであるからだ。
後から解った事だが、その奥さんもご商売をなさっているようだ。
そんな事は、子ども達は知る由もない。

だが、子どもの教育とはこのような大人の行動から生まれる、無償の愛情なのかもしれない。
子どもであっても、私達にしてみれば、あいては人間であって、虫や動物ではないのだから、追っ払う事は間違いであることに気づかされた私だが、
他のオーナーさんの中には、「この子達は感謝していないからここまでする必要は無い」などの厳しいご意見もあった。
子どもに反省を教える事は躾として必要であると思うのだが、
子どもに感謝を求めるのは本来間違いで、大切なのはその子ども達が大人になった時に、このコトが情操教育であったことを良い意味で思い知らされる、そんな日が来れば良し。

とすることも学校や家庭以外で、最も重要な教育の中の一つなのかも知れない。
勿論、こんなことは仕掛けをしたりする事は出来ないし、してはならない。今回は、ある意味、偶然が重なったのかも知れないが、加盟から5年目を迎えた
“服部オーナー”の成長の現われが、本来の素直さ優しさ粘り強さなどと結びつき、功を奏したではないかと思う。
また、痺れを切らして、無料であげてしまった場合のことを考えたときの恐怖は商売をしている人ならば、
このことも容易に想像がつく。だが、これらの中に本当にお腹を空かせて、物乞いをしていたとすれば、
どうなのか、真剣に考え抜く必要がある。一人ひとりを大切にすることは本当に難しいが、取分け、子どもに関しては
細心の注意を払う事が大切で、無闇に無料であげぱんをあげてしまう事は、家庭の躾やアレルギーの問題などから、その行為を慎重に見極めなければならない。
私共、成長の課題は日々の感謝と反省。素直であること。
今、私共が感謝や反省ができる大人であるとするならば、
その原点は、自分達が知らず知らずの内に、子どものときに大人達から受けた直接的・間接的な情操教育。
やるべきことは、商売を通じて、その恩返しなのかも知れない。



澁谷 彰
専務取締役 澁谷 彰
【私のターニングポイント】(私の履歴書)
clich!
こちら。ここをクリック!