フランチャイズオーナー募集

ターニングポイント

はじめてのおつかい大作戦!参加者募集

移動販売車両リースご相談ください


移動販売サポートcar サプリカ


待たずに買えるシステム「あげぱんGO」


シミュレーション比較



☆安心と信頼のイベント依頼サイト☆


続!普通の人からお金持ちになるために?あなたの理想はどこにある? 2019-02-02


続!普通の人からお金持ちになるために?
あなたの理想はどこにある?


 誰もが皆、新規で仕事を選ぶとき、その仕事に憧れや理想を抱くのは当然だ。
しかしながら、その憧れや理想は実際に仕事をしてみると、理想どおりにはならなくて、その理想は次第に崩れてゆく。 何故かと言うと、誰もが、自分本位の理想を相手に押し付けている、いわゆる「理想の押し売り」だからだ。 「押し売り」とは、相手が望まないのに無理に売りつける事。(広辞苑から引用)だから、最初だけは売れても次は買わない。味が良くても買わない事もある。

例えば、当社はこんなコトも指導する。 暇な時間帯は呼び込みをすることに、こだわっている人が居る。こういった人は、立地の違いも関係なく暇であれば呼び込みをする。 当社の出店先は主に、有名チェーンストアだ。チェーンストアは主にリピーターの来店で成り立っている。 そんな、店先で呼び込みをしていたとする。そこに、お得意客が来た。買ってくれるように勧めるとする。 当社のあげぱんは150円。もしも、そのお客が150円を支払う余裕がなかったのに、呼び込まれたが為に、あげぱんを買ってしまったとする。そのことで、本来購入予定の、おかずが1品買えなかったとする。そのお客は、家族から文句を言われ、次回から、2度とあなたの前を通る事はなくなるであろう。このことは、呼び込む事(自分勝手な理想やコダワリ)によって、お客や出店先の理想(お客の安心や出店先の客数増)を台無しにしている。 本来価値のある商品の、その価値を販売者自ら下げてしまっているのである。

 私が想うには、憧れは理想的なモノやコトが対象になるが、理想は本来、相手にたいして抱いたとき、その相手は、とても迷惑であり窮屈である。更には自由が奪われ、不便を感じる。当社の理念「店は客の為にある」とは、お客の理想を追求し実現するコトが柱なのである。 そのことが、実現すると、客は迷惑や窮屈から開放され、来店したくない理由が無くなってゆく。 だから、事業主(加盟希望者)が当社FCに対する理想が「お金持ちになること!」だったり「これなら家のローンが返せそうだ!」など、考え方を変えられずに一攫千金を夢見ている人は、直ぐに自滅してしまう。そもそも、一攫千金を得る仕事など、在り得ない。もし在ったとしたら、その仕事をやれば良いが、当社の仕事は、それには該当しない。 現代で資産を残している先人の軌跡を辿っても、創業当時は少ない資本から始め、方向を定め、地道な努力をした人だけが、借金を返せたり、後世に仕事が続きお金持ちになっている。ここで、勘違いしてはいけないことは、独立するには小資本とはいえ、開業資金は必ず掛かる。当社の場合、開業資金は、最低でも自己資金100万円(税別)の現金(が望ましい)+リースを利用することが必要(審査があります)。また、借金が少ないことがリスクを抑える条件。どの商売をはじめるにも資金は必要である。 何としてでも当社での独立を実現したい。しかし資金が不足してしまっているという方は、相談していただきたい。独身であれば販売員という出発制度もある。 販売員というのは、当社での独立を条件に独立までを支援するという制度である。早い行動と決断が社長になる為に必要であることから、加盟の相談も早めが良いことは、間違いない。

 話は戻るが、当社の考え方は、自分の理想ではなくて、お客の理想を追求する事こそが絶対なのである。 また、仕事を始めるきっかけが自分の憧れでも良いと思うが、その仕事が憧れからお客の理想へと変わった時に 自分に対しての理想が始まる。そして、お金持ちになって、そのお金を更に仕事にかけることが出来たときに、自分の仕事が後世に受け継がれ、新たな理想へと進化する。 決して、自分の理想やコダワリをお客(相手に対して)に押し付けてはいけないのだ。なぜなら、繰り返すが、自分本位の理想は、お客(相手に対して)にとって迷惑で窮屈で「嫌」なのだ。コダワリとは自分勝手な思い込みで 理由や根拠が無いなど、その事は、お客に対して宣伝文句でしかないからだ。  当社 あげぱんの独特な品質やその売り方は、「お客の理想を第一」に想定して開発をしている。

 当社の仕事における理想は、自分以外の人々(例えば、お客や出店先など)の理想を叶えることによって、ご利益(実利や生き甲斐)を得る事。 但し、当社は複数人のオペレーションではない事から、つくり笑顔や心のこもっていない「いらっしゃいませ!」 よりも、一般的な挨拶から会話が始まり、正確・確実なオペレ-ションで商品の早い提供を心がけ、また、来店時に語りかけてくるお客の希望や要望を必ずしも叶える事ではなく、 大多数の、聞くことができない声に、気がつく事が重要であると、想うのです。 「お客の理想=当社の理想。を理解し実行できる人が、将来、大きな成功を収める事でしょう。」  

澁谷 彰
専務取締役 澁谷 彰
【私のターニングポイント】(私の履歴書)
clich!
こちら。ここをクリック!