フランチャイズオーナー募集

ターニングポイント

シミュレーション比較


はじめてのおつかい大作戦!参加者募集

移動販売車両リースご相談ください


待たずに買えるシステム「あげぱんGO」



☆安心と信頼のイベント依頼サイト☆



2/6(木)~4/12(日)の期間中、
『劇場版おいしい給食Final Battle』×『給食のおばさん』オリジナルコラボ商品が買えるのはココ!
お近くの移動販売車はこちら☆



『ハンドメイドマスクでおともだちを守ろう運動』詳細はこちら☆


移動販売サポートcar サプリカ


非常事態宣言の日 2020-04-07
マスクの着用だけでは不十分。などと、WHOが警告を発した。
報道や専門家と言われている人達でも、マスクの重要性については曖昧で意味が解らない。
しかし、私は、マスクが国民を守るための最も重要なツールであると思うのです。
このことは、初期の段階からの繰り返しになるのですが、
何故かというと、コロナの恐怖を感じるときは、殆どの誰もが
人と人が、マスクをしていない人と、対面したり、すれ違う時に最も脅威を感じると思います。
話をしていれば、対面だろうが、すれ違いだろが、マスクなしでは、コロナは確実にうつると思うのです。
けれども、マスクをしていても、近距離で話をした場合に、コロナがうつっているとも思うのです。
以前にも書いたように、マスクをしていてもマスクの上下左右の隙間から飛沫はします。
自宅を一歩出たら、マスクを着用し、連れが居ても話はしない覚悟で外出をし、
万が一、連れと話をするのであれば、
他人との距離は、世界中で実施されているコロナ間隔2m以上を守ることが重要であると思うのです。
ナイトクラブ・居酒屋など、酒を扱う飲食店は、殆どの場合、話をしたり騒ぐことが目的でもあるうえ、
アルコールで呼吸が荒くなることから、感染がしやすいのだと思います。
一方で、スーパーマーケット・電車・バス・映画館では、コロナがうつりにくいと思います。
その理由は、話をしたり騒ぐことが目的ではないからです。
マスクを着けるということは、「もしも、自分に、コロナが感染いていたとしても、あなたには絶対にうつさない」と言う、
無言で強力なメッセージなのです。
感染を防ぐには、「マスクを着けてしゃべらない・騒がない」そんな躾ができるとすれば、日本人だけなのかもしれません。
院内感染問題の医療現場では、医師ではなくて、患者に防護服を着けることはできないのだろうか?
患者専用に開発された空調服のようなモノはないのか?



澁谷 彰
社長取締役専務・取締役専務 澁谷 彰
【私のターニングポイント】(私の履歴書)
clich!
こちら。ここをクリック!