加盟店の声

【5年が過ぎて・・・】
5年契約満期を迎えあっという間の5年間でした。

本部に 知り合いがいる訳でもなく、誰かに誘われた訳でもなく、

今思えば良いタイミングで転職をした事が、功を奏して
今の仕事や生活に反映されているのかなと思っています。

当初希望の出店場所はほとんど入れています。
でも、出店場所が多くなり1台の販売車では回れなくなってきました。
どの出店場所にも楽しみにしてくださっているお客様がいらっしゃり
そのお客様を切り捨てるなんていうことはできません。

そんな時、本部の提案であげぱんGOと言うシステムが作られました。

特定少数のお得意様の為に、出店場所の変更があったとしても
出店場所が特定できる。

そんな機能を含めたシステムが開発されました。

毎日の出店場所や、その他の情報がお得意様ご自身のスマホで
取得できるシステムです。

これで私の悩み続けたことも解消され、
ますます売ることに集中できます。

これは本部のサポートがあってのことです。

転職を決めた理由の一つのなかに、地域への社会貢献があり、
この事が今まさにカタチになろうとしています。
本部の説明によれば、私達のこの仕事はひとりひとりのお客様に
支えられて各お店がなりたっている。

この事は
言い換えると、店を存続する為に
お客様という支援者のおかげで店は成り立つ。

地域が被災した時は支援者が被災をしてしまう。

この時、支援をしてくれた人たちの為にその恩返しをする。

緊急支援で被災したお客様という名の支援者の為に、

この起動力と身軽さを活かし、
初動態勢で即座に力を尽くす事を私達の社会貢献としている。

実際に本部は、このフランチャイズを行う前から阪神大震災、

フランチャイズを始めたのちに、東日本大震災にも被災地の支援も
行なって来たそうです。

実はあげぱんGOが、その社会貢献の柱になろうとしています。

  フランチャイズの本部はたくさんあると思いますが
この本部となら自分にもできるかな?!と思ったからです。
最初の販売は軽自動車でした。

狭いながらも内装は考えられていてそれなりに売り上げられました。
その後ミニバンの販売車を専務が開発し
私はそのミニバンに乗り換えました。

それは軽自動車と比べるとなんと仕事がしやすいことか。

2人で販売も可能で販売時には車内の面積が広く、
軽自動車と比べものにならないくらい楽です。

また、内装も使い勝手が良く
地域により軽自動車では扱えなかった販売商品まで販売でき
原材料もたくさん積め、
売り上げも楽に上がりました。

 私の場合、独立の5年間は3年間ぐらいにしか思えないほど
あっという間に時間が過ぎた事は仕事、

生活ともに充実をしていたからだと思います。
本部や家族、兄妹の協力、応援なくしては
やってこられなかったと思います。

加盟から5年が過ぎ山梨でおこなわれていた
2日にわたる泊まりでのイベント。

1日目の夜を利用して山梨甲府まで
社長、専務がお祝いで5周年の食事会を開いてくれました。

社長、専務にはプライベートのことも相談しています。
嘘を言う人ではないので信頼しています。
「家族の事で悩み事があると仕事はうまくいかない」
「一人の仕事でありながらひとりぼっちではない事が大切だ」と専務は言います。
「それは孤独によって孤立していては仕事はなりたたない。」
ということだと思います。
これからも目標をもって定年がないので
末永く続けていきたいと思います。
中学生の息子は今はサッカーに夢中なので、
自分が好きな事を永くできる様に応援しています。
うれしいことに小学生の娘が
小さい頃から興味を持って応援してくれています。
娘と一緒にあげぱんの仕事をすることを楽しみに頑張りたいです。

  私は、迷わず加盟をしましたが

もし、仕事で悩んでいる方がいたら
加盟する、しないに関わらず相談に行ってみて下さい。
きっとこのフランチャイズの良さがわかります。
いざという時の地域の為に社会貢献の輪を一緒に広げませんか?
必ず支援者の為、何かのお役に立てると信じています。
【オーナーインタビュー】

Q. 当社フランチャイズへ転職した決め手はありますか?

A. もともと前職で将来フランチャイズの店を持ちたいと思って就職しましたが、20年ほど勤めてオーナーにはなれない事がわかりました。
店を持ちたいという前職に入った時からの夢があったのですが、その頃横浜みなとみらいでワゴン販売を見かけたんですね。
1人で販売していたんです。それでパソコンで移動販売を調べたんです。
その頃は1位はメロンパンそれに続きから揚げ、クレープ、あげパン、たこ焼きで、
私はメロンパンはありきたりの商品で将来性が考えられず、から揚げは鶏肉でリスクが怖い。
クレープは興味がなく、あげパンはなつかしいなど色々考えが巡り、
あげパンを検索してみると、1番にヒットしたのが当社フランチャイズでした。その頃ホームページに2011年の震災で
現地の皆さんにあげパンを無料配布したとあり、移動販売で社会貢献ができるのか?
と興味が沸き、話を聞いてみたくなったんです。
ホームページにフランチャイズに入って下さい。とか、いくら儲かりますとか書いていなかったので信用できました。
加盟してみると本部はいつも儲けさせようと様々なサポートをしてくれています。

Q. もしまた災害が起きてしまったら、参加していただけますか?


A. はい、もちろんです。
今私が稼働させているあげパン販売車は電源が無いところでも営業が出来る電源システムが装備されているのでまかせて下さい。
「給食のおばさん」神奈川3号車オーナーになって
 私は2015年の5月からあげぱんの移動販売車「給食のおばさん」の神奈川3号車オーナーとして仕事を始めました。
オーナーになったきっかけは、たまたま家に遊びに来ていた姪の知人があげぱんの移動販売車のオーナーになり成功していると聞いたからです。
姪がそのあげぱんを食べたところおいしく、実際に顧客のリピートも多いとのことでした。
私は外資系化学会社で長年営業をしておりましたが、60歳定年になり再雇用で1年延長したところでした。
高収入は魅力でしたが、人員リストラで仕事量が数倍になり、また1年契約で将来に不安がありました。
自己裁量で長く働けて定年のない仕事はないかと考えていました。
あげぱんの移動販売はこの条件に当てはまります。
現在定職についている妻もこの転職先に乗り気でした。

 早速、妻とFC(フランチャイズ)本部に社長と専務を訪ねて説明を受けました。
お二人とも、事業にとても情熱を持ち真面目に取り組んでおられるのが伝わりました。
特に現場重視の具体的対応を重視しているので安心しました。
その場で作っていただいたあげぱんを帰りの車の中で食べると確かにおいしい。
FCに加盟すると専用の車と備品も用意していただける。
出店場所として、本部と先輩のオーナーが開拓して実績のあるスーパーやDIY(デュー・イット・ユアセルフ)店チェーンの中から近くの店を紹介していただける。
すぐ販売活動が始められ収入になる。
サラリーマン生活が37年、食品の販売も初めてでしたが姪の話を聞いた時から実際の販売を始めるまで、他の選択肢は頭にありませんでした。

 標準の販売車は従来は軽自動車でしたが、
社内で二人で作業するのはスペースの関係で難しいとのことだったので、将来を考え本部が開発中のミニバンを希望しました。
本部からミニバン1号車が完成し7月に納車されるまで軽自動車を代車に提供していただきました。
これはこれでコンパクトに車内設備がセッティングされており使いやすかったです。
OJT(オンザジョブトレーニング)では、車で実際のあげぱん製造販売を体験しました。
お客様が同時に何人も来られると、9種類の味があるのでそれぞれのお客様に対し注文受け、金銭授受、製造等並行してこなさなければならず大変でした。
しかし経験の積み重ねで解決する見通しがありました。
5月から週一か所で土日の2日間から仕事をスタートしました。
ほぼ3か月間は週休5日でした。

7月にミニバンが完成し各地の保健所の許可も順次得て販売可能地域が一挙に広がりました。
8月以降、地元の横浜中心に出店先を増やして空いてる曜日を埋めていきました。
あげぱんにとって不利な夏の暑い時期も「飲む。冷凍みかん」を並行して販売し乗り切りました。
 12月現在、コンスタントに週5日間営業しています。
1日当たりの平均売り上げも数か月前の25%以上増えています。おばあちゃんから小学生まで「おいしかったのでまた買いに来た」と地元のファンが増えている結果だと思います。
これも9種類から選べる味、冷めてもおいしいなど「給食のおばさん」の商品の強さのおかげです。

現在はおいしい揚げパンを世の中に広めることも使命の一つと考え、一本の注文でもていねいに揚げることを心掛けています。

  ミニバンが完成し実際に使っていますが、車内の広さに余裕があり雨の日は助かります。
また、大容量のバッテリーを積んでいるので短時間では外部電源がなくとも社内作業ができ重宝しています。
もちろん社内で二人で作業できます。
スペースがあるので品揃えを増やすことも可能です。
今後は本部と協力して新商品、新しい販売方法の開拓に努め、おいしいあげぱんと関連商品の拡販に努力していきたいと思います。
将来は妻といっしょに(あるいは分担して)一層拡販していきたいと考えています。

過去の掲載を再掲載しています。