50代からのスモールビジネス

ecoyatai

50代の生き方は、高い賃金や高待遇を会社に求めることでは無くて、
60歳を過ぎて定年し年金生活を視野に入れた準備をしなければなりません。
その為に会社で上のポストを目指すのか?早期退職をして独立し、年金の不足分を補うための準備をするのか?
決断の年齢でもあります。定年後の準備が何故50代?と思う人もいることでしょう。
独立していきなり収入が増えることは難しいと言えます。
それは、会社員も同じ事が言え、独立もスキルに比例して売り上げが上がり、
それに伴い利益は経験による、モノの考え方で増します。
会社員でも高給取りなのにお金が残らない人も居れば、
役員等でお金を使う暇がなく、どんどん貯まる人も居ます。
自営業のメリットの中の一つ、に労働時間の時間の制限がなく、その時間をお金に替えることができます。
勿論、時給ではないので、スキルにより異なりますが、
そのメリットを一般的な定年後を目標に定めスキルアップしてゆくことが、
50代の生き方であると確信しています。
75歳位から身体が老いてきたり病気になることを想定すると、50代位からの準備が望ましいのです。
また、店は稼働し、人は休む。その為の準備にもなります。
人が体調を崩し病に倒れるのは、休みがないことよりも、人間関係の悪化や入金よりも出金が上回るのことから始まります。
当FCなら沢山働いても、沢山休んでも、仕事の使い方は、あなた次第。相談できる安心が何よりなのです。